News新着情報

ジェルネイルのメリット・デメリットをご紹介!

Pocket

ジェルネイルとは

ジェルネイルとはジェル状になっている樹脂を爪に塗って専用ライトで固めて指先のおしゃれを楽しむもの。

以前はネイルサロンのみで施術してもらう方法しかありませんでしたが、

最近ではお手頃なジェルネイルキットもたくさん販売されているので、

セルフで楽しむ方もどんどん増えています。

ジェルネイルは濡れたようなつや感や発色の良さが魅力で、

ストーンを埋め込んだりいろいろなアートを楽しむことができます。

少しでもキレイな指先を長持ちさせたいなら、ジェルネイルはおすすめです。

ジェルネイルはポリッシュと比較しても持ちが段違いに良く長持ちしますし、

乾く時間を待つ必要がないのも魅力ですね。

仕上がりは固いので日常生活のちょっとした衝撃からも爪を守ってくれますよ。

「マニキュアは料理しているときに入りそう」と気にしていた主婦にもおすすめです。

ジェルネイルの持ちの平均期間は?

ポリッシュと比較してかなり長持ちするジェルネイル。

ポリッシュの場合はどうしても剥げやすいので、人によっては塗ったその日に先が剥げてしまうこともあります。

トップコートをこまめに塗りなおしても1週間程度しか持ちません。

ジェルネイルは、生活習慣やもともとの爪の状態によって持ちの期間には個人差があるものの、

平均すると3週間~1か月持ちます。

ほとんどの人が1か月に1度、ネイルサロンでオフをしてデザインチェンジを楽しんでいます。

1か月以上持つ人もいますが、伸びてきたところが目立ってしまうので、1か月に1回デザインチェンジするのがおすすめです!

ジェルネイルはハンドとフットで持ちが違う

ジェルネイルの持ち期間はハンドとフットでも違います。

ハンドはキーボードを打ったり、メイクをしたり、洗い物をしたりと良く使うのでどうしても剥がれやすくなり、

持ちの平均は3週間~1か月くらいですが、フットはだいたい平均で2か月ほど持ちます。

フットの爪は伸びるのが遅いので、伸びた部分が目立つことなく長期間持ちますよ。

そのため、ハンドは1か月に1回、フットは2~3か月に1回のデザインチェンジをするという人が多いようです。

もちろんフットも元々の爪の状態がどれだけ良いかが持ちのポイントで、爪が健康でない人はどうしても持ちが悪くなります。

ジェルネイルのメリット・良い点

なんといってもジェルネイルは持ちの良さがウレシイ!

一度施術すれば3週間から1か月程度持つのがマニキュアとの大きな違いです。

ジェルネイルならマニキュアのように水やお湯で剥がれやすくなることもないため、水仕事や指先をよく使う方でも安心。

またジェルネイルの種類によっては爪を削らずに塗布することができるモノもあるため、

爪が薄い方や弱い方でも「サンディング不要タイプ」を選べば心配いりません。

それどころか、爪が薄い、割れやすい、二枚爪になりやすい方こそジェルネイルを施すことで爪が補強され、

傷みにくくなるというメリットを強く実感できるのです!

ジェルネイルのデメリット・良くない点

いいことづくしのジェルネイルですが、ジェルネイルを面倒に感じる方の意見として、

「オフする作業に時間がかかる」のが良くない点として挙げられます。

サロンで施術してもらったジェルネイルをオフするときは、

やはりサロンでプロによってきれいにオフしてもらうのがおすすめです。

またセルフジェルネイルの場合は、ジェルネイル専用のリムーバーやアセトンをコットンにつけて各ネイルに乗せ、

アルミホイルでカバーをしておよそ10分間待つ必要があります。

さらに事前にネイルの上をファイルで軽く削り、リムーバーが浸透しやすくする工程も必要です。

Pocket