News新着情報

肌を綺麗にする習慣

Pocket

死ぬまでキレイが続く「小さな美人習慣」

「シミが入っていない肌部分」をトーンアップさせる

悪習慣をやめることが一番のシミ対策!

できてしまったシミを消すには、一体どうすればいいのか?

ひとつは、そこにフォーカス(注目)させないこと。

顔全体がくすみのない明るい肌でいれば、自然とシミに目がいかなくなる、と言います。

肌をトーンアップさせるには、透明感があることがポイント。

そのために具体的に必要なのは、肌に汚れを残さないこと、保湿を十分にすること、代謝を良くすること。

透明感ある肌を保つには、睡眠、マッサージ、食習慣を見直し、すべてをバランスよく習慣化することが大切だそう。

ただ、初めからすべてを一度に行うのは、なかなか難しいですよね。その場合、何から始めてみればよいのでしょうか?

まずやるべきことはレコーディングです。

ノートに何気ない自分の習慣を記し、見直すことから始めてみましょう!

そのあと、自分がまずやりやすいのは、マッサージなのか、

生活習慣を正して上質な睡眠をとることなのか、食生活なのかと考えます。

シミを消したいなら、まずは肌がトーンアップすること! 高価なクリームを買う前に、肌にいい行動を習慣づけましょう。

ちょっと手が空いたら「ツボ押し」をする

続いての美人習慣は、ツボ押し。

ツボは全身に約360か所あり、全身の筋肉、神経、血管、リンパ節、内臓などの

器官の動きを促進させる位置にあるといわれています。

その中でも、特に美肌に効くとされているツボを、ちょっと手があいたらツボ押しを習慣化しましょう。

まずは、ほうれい線を内側からしっかり伸ばすことを意識して!

続いて、親指と人差し指でアゴを挟むようにマッサージ。痛きもちいいぐらいの力強さで行いましょう。

アゴから耳に向かってグルグル回しながら移動!

終わったら右ひじをテーブルについて、頬骨にグーの第二関節をあて、骨を上に引き上げるようにマッサージしましょう。

少し手を開いて、ゴリゴリとした触感がなくなるまでマッサージ! 骨の部分をしっかりと持ち上げるように。

最後は、首から脇の下にリンパを流していきます。

Pocket